はるばる牡鹿半島へ ~イナダ、カンパチを求め~

9月14日に日付が変わるとともに、車を走らせはるばる牡鹿半島へ行ってまいりました。

 

 

メインターゲットは、青物(イナダ、カンパチ)です。

 

 

bandicam 2018-09-14 13-28-52-434.jpg

 

画像の赤いピンのところが、今回釣りに行った「狐崎漁港」です。

 

 

足場も良く、車も防波堤まで入れるので、釣りがしやすいポイントです。

 

 

先行者がいたので、挨拶をすませ(とても親切で良い方でした)朝まずめいざ実釣。

 

 

詳細は省きます。 自分の持てるだけの道具、テクニックを駆使するも、釣れるのはサバ。

 

 

サイズは20cm前後。(すいません画像は省きます)

 

 

朝7時になり、本当に釣れる気がしなかったので、ギブアップorz

 

 

先行者の方も、釣れていたのはサバでした。

 

 

以上…ではなく、この後学校があったので、授業をすませ仙台港に同じく青物を釣りに(半分遊び)行ってきました。

 

 

泳がせ釣りをしている人がとっても多かったですね、自分も間に入れていただいて、ひたすらジグを投げ、しゃくります。 色々なアクション、ルアーローテーションをします。

 

 

釣れるのはサバでした。 仙台港編終わり。

 

 

まだ、終わりません次は夕まずめです。申し訳ないのですが、場所は伏せさせていただきます。

 

 

また、青物を求めポイントに入ります。 人は平日なのであまりいません。

 

 

移動中に僕は見てしまいました。 「40cmはあるであろう、アジを釣っているのを。」

 

 

写真を撮らなかったので(声をかけたが、写真は撮らなかった)、信用して頂けるかわかりませんが、ウキ+サビキ+食わせ針 エサはたぶん、エビ? だったと思います。

 

 

僕も釣りを始めました。 40gのジグヘッドをフルキャスト~着底~2しゃくり目にガツン!

 

 

ボトムでヒットしました、80mくらい先でしょうか、青物の引きでした。半分ほど巻いて「ふっ」 ばらしました。 たぶん、泣いていたと思います。

 

 

そこから30分ほど当たりがなく、無心でしゃくっていると、またもボトムでヒット。

 

 

最初の魚とは桁違いの引き、ぐんぐん引きます、ドラグもでます。 ですが・・・

 

 

ばらしました。 (たぶんヒラメだったかもしれない) 

 

 

ここまで、記事を見ていただいている方、ありがとうございます。

 

 

僕のふがいない釣果、ばらしたことに対する、悔しさのはけ口となっていますが

 

 

なんだかんだ釣りは楽しい!!!!!!

 

 

◎ヒットルアー 反応がよかったルアー 赤、ピンク、赤金 28gから40gのメタルジグです! 参考程度に

 

◎ヒットアクション ワンピッチ、ワンジャーク ボトム付近でのヒットでした。

釣るぞロックフィッシュ! ワームを揃えよう

僕のホームグラウンドである、仙台港や閖上港では大体10月ごろから、ロックフィッシュのメインターゲットである、”アイナメ”が釣れ始めます。 

24025.jpg

 

なので、良い釣果を得るためにそれなりのタックルが必要です。

 

ですが、私は大学生なので資金面に余裕がありません(^^;

 

となると、タックルを絞らなければなりません。

 

そんな僕が、お勧めするタックル(今回は主にワーム)を紹介しようと思います。

 

91LYt26FbVL._SY450_.jpg

 

メバル職人 ストローテールグラブ Melon Glow(夜光)

 

ジグヘッドはなんでも構いません。 僕は1g~4gで使い分けています。

 

ヒットパターンとして、①フォール中 ②着底~真上にスローで巻いてくる時

 

このパターンが圧倒的に多いワームです。 また、シーバス、アジ、ソイ、など色々な魚種が釣れます。

 

当然、メバル職人とあるだけにメバルは爆釣ですよ!

絶対に持っておきたいワームです 

 

53617619.jpg

キビキビナーゴ2″  プリズムライム 

 

このワームを買ったきっかけは、ずばり安かったからです。

 

地元の釣具屋では400円しませんでした。

 

実際に使ってみると、釣れる釣れる笑 半端ないです。

 

カラーはやはり緑系ですね。 なぜか釣れます。 使ってみれば分かります笑

 

アクションはテクトロですね、真下に着底させてベールを倒しラインを出します。

 

真横に3メートルくらい移動して、スローで巻き上げてきます。 よく釣れるのはソイですね、ヘチから勢いよく飛び出して食いついてきます。 この瞬間はたまりませんね!

 

bandicam 2018-09-10 13-14-50-023.jpg

グラスミノー ss  シラウオ(夜光)

 

定番のグラスミノー、一番小さいサイズですね。

 

ロックフィッシュも当然釣れるのですが、一番気に入っているところは”汎用性の高さ”です

 

僕は、ロックフィッシュ以外にも釣りをします。 シーバス、青物、ブラックバス、ハヤ釣りなど

 

基本的にどの魚種にも効果的に使うことができます。 シーバスはこのシラウオがベイトのことがとても多い(地元) 青物も同じ理由 ブラックバスは数釣りできる。 川魚も釣れます

 

とりあえず、なんでも釣れるのです! 

 

アクションは基本ただ巻きです。 特別なアクションしなくても食ってきます。 これで釣れなければ、その日はコンディションが悪いなと判断しています笑

 

以上。大学生の僕がお勧めする、コスパの良い釣れるワーム3選でした。